Archive: 2014年08月  1/2

ドタバタ劇場

ソワソワソワソワ・・・新規の不動産屋さんからはあの一件以降連絡がない。不手際をさらしてしまった以上不信に思われても仕方がない。モヤモヤモヤモヤ・・・ウチの物件は大丈夫だとの各方面からのお墨付きあれど、こうも反応はないものかと疑心暗鬼の日々が続く・・・およそ二週間が過ぎた頃、ピリピリピリピリー♪私の携帯電話が鳴った。「エイブルですけど、これから内見ご案内よろしいですか?」キタキタキタキター♪「よ、よろ...

  •  0
  •  -

そしてライバルを知る

よくよく考えてみると、ネットに掲載されているということは現在借りられていない物件である掲載物件の動向をネットで常に探るのは骨の折れる作業となるのは必至である。本当に知りたいのは人気の満室アパートの情報なのだ。不動産業者から直接情報を聞き出そうにも人間関係や信頼関係の構築が必須だ。ましてや先日の広告訂正の一件もあって新規の業者さんには不信に思われているハズ・・・こうなったら自分の足を使うのみ毎年この...

  •  3
  •  -

ライバルを知るどころか・・・

マーケティングといっても方法がイマイチ分からない。 そうだっ! ネットで探せるエイブルッ♪ネットで探せるエイブルッ♪ 広告掲載を依頼してあったエイブルさんのサイトで、 ライバル物件の相場をチェックしてみることにした。  先日の物件写真の出来栄えも気になっていたので、 早速ウチのアパートを探してみる。 なかなか良さげな感じに映っているな 気を良くした私は他のサイトもチェックしてみることに・・・ ん?家賃の設定...

  •  2
  •  -

ライバルを知る

不動産鑑定士(税理士)事務所に勤める高校時代からの友人に頼み込んで、ウチの物件を視察してもらった。外観や部屋の様子を視終えたところに、恐るおそる質問してみた。私「ど、どんなもんでしょう、何がいけなかったんですかね?」事務所の方々曰くこの条件なら決まると思いますよ!私はまだ疑心暗鬼だった。高校時代からの友人の紹介で、私が物件の定期清掃をしているところへ地元の不動産屋の社長さんがウチの物件の視察に来て...

  •  2
  •  -

そしてニーズを知る

不動産屋の友人に後押しされて店の前まで出向いてみたものの、これがなかなか敷居が高く、お初の業者の門をくぐるのには相当の勇気が必要だった。どんな輩がいるのだろう?友人に半ば強引に店内に引き入れられ、友人が口火を切る。同じ業界のモンやけどもコイツんとこの物件世話したってや!輩は友人の方だった。入口を入ってすぐのデスクにうら若きお姉さんが座っていた。「どちらの物件ですかぁ?」私「こ、コンフォートクボカワ...

  •  0
  •  -

ニーズを知る・2(世紀末不動産救世主伝説)

199X年 ※右のリンク覧参照物件は顧客争奪戦の炎に包まれた・・・住人は去り部屋は荒れあらゆる生命体が絶滅していた・・・だがアパートは死に絶えてはいなかった「何をすれば顧客を獲得出来るのですか、救世主?」「オマエの物件にはポテンシャルがある。」 ※過去のコメント参照「お客様が何を求めているのか分からないんです、救世主?」「ほ~ぅあたぁ!美装という秘孔を突いた。」オマエは定期的に掃除をするようになる「...

  •  2
  •  -

ニーズを知る

不動産屋の友人に苦言を呈されるまで、自分の物件の空室の内部を一度も見たことはなかった。半分が空室となっているという現実と向き合うことが出来ていなかったからだ。なぜこのような状態になったのか・・・ある日私は意を決し、空室になっている部屋のドアを恐るおそる開けてみることにした。暗っ!雨戸が閉められていたこともあり、部屋の第一印象はコレだった。雨戸を開けようと部屋の奥へと向かう。臭っ!!カビのような臭気...

  •  2
  •  -

そして己を知る

私には幸いにも不動産屋を営んでいる友人がいる。これから満室経営を目指すに当たって何をどうしていいのやら皆目見当のつかなかった私は、ワラをもつかむ思いで友人の事務所を訪ねた。友人曰くオレをこれから営業をかける不動産屋と思って質問に答えよ友人「各間取り毎の家賃、共益費、敷金の金額設定は?」私「え、え~とですね。2DKは確か・・・」友人「駐車場は何台まで確保できて、料金設定は?」私「え、え~とですね。2台...

  •  1
  •  -

続・己を知る

現在の私の立ち場は青色専従者という。個人事業主である先代より給与を受け、アパートの管理運営に従事している。給与という経費を発生させて不動産所得を圧縮し、所得税の課税額を引き下げている。これまでの白色申告では必要最低限の経費しか発生しておらず、多額の所得税を毎年収めるハメとなっていた。先代は常日頃「アパートは相続対策になるつと」と言っていた。訳すとアパートを建てると相続税対策になるらしいである。場合...

  •  2
  •  -

先ずは己を知ること

大手さんを斬ってはみたものの、アパートの管理運営について何をどうしていいのやら分からない・・・とりあえず書店に走り、アパート経営必勝本的な書籍を購入。数字の話が大半を占めている。これまで畑違いの勤め人だったため、会計に関することには無頓着だった。先代より過去の確定申告書を借り、ウチの現状を見てみる。先代は常日頃「コンポートは赤字でめっためった」とぼやいていた。訳すと「コンフォート・クボカワは赤字で...

  •  5
  •  -